メインイメージ画像

保育士は様々な求人媒体で募集されています

教師や栄養士と同様に、保育士は大変根強い、人気の職業です。子供を対象とした、将来なりたい職業ランキングの女子の部門で、決まって上位に入っています。子供が保育園や幼稚園の時に、保育士に優しくしてもらった思い出、また憧れが理由だと言えますが、子供への影響力の大きさを窺い知ることが出来ます。それだけに、担う責任は重大で、資格だけではなく、責任感や人間性の高さも要求される職業です。



保育士になるには、指定保育士養成施設で、課程や科目を履修して卒業する方法と、保育士試験の受験をし、合格する方法があります。その上で、保育士資格の取得をし、保育士登録を行い、保育士証の交付を受ければ、保育士として各保育施設に就業が可能になります。

この求人については、指定保育士養成施設の就職課のほか、ネットの求人サイトとか求人情報誌、そして就職フェアなどに常に出ているので、常にチェックする事が大事です。注目すべきは、就職フェアです。

保育士に重点を置いた就職や転職のフェアもあり、効率的に就職先を探すことが可能なので、ネットなどで常に情報を調べ、できるだけ足を運ぶのをおすすめします。

ちなみに保育士は、男性が結婚したい女性の職業ランキングでも、堂々の1位です。
常に1、2位の安定した人気をキープしているので、時流に左右されない人気があるといえます。やはり男性から見て、子供に優しく、扱いを体得しているというのは、結婚相手として魅力なのは、誰もがうなずけるところです。

現在では、結婚をしても共働きで生活の安定をはかりたい、子供を産んで落ち着いたら復帰をして欲しいと望む男性が多く、また女性も結婚をしても、何らかの形で仕事を続けたいと思っている女性が多いので、資格と経験が強みになる保育士は、まさに適しているといえます。保育士の資格に関しては、通信講座でも身につけられます。実技試験対策にも対応しているので、独学でも一生懸命取り組んで試験に合格すれば、保育士として就職が可能で、異業種からの転職や主婦の再就職でも保育士になれます。